デートDV 予防教育活動

プロジェクトの概要

デートDV 予防教室 デートDV 予防教室

平成21 年度の高等学校等におけるデートDV 予防啓発ニーズ調査以降、デートDV 予防教育ファシリテーター養成講座や高等学校等におけるデートDV 予防教室を実施してきた。

平成25 年度は、DV 防止講演会とデートDV 予防教育ファシリテーターのフォローアップ講座を開催。

取り組みのねらい・目標

デートDV 予防教育ファシリテーター育成等を通じて、市内の学校等におけるデートDV 予防啓発の推進を図る。

達成度

当財団のデートDV予防教育ファシリテーター養成講座の受講生により、デートDV予防啓発を目的とした市民団体「デートDV防止ふくおか(リップルふくおか)」が結成され、デートDV予防教室を実施

参加・連携・協力団体など

・北九州市との連携
北九州市からの委託事業として、デートDV予防啓発ニーズ調査及びデートDV予防教室を実施
・デートDV防止ふくおか(リップルふくおか)との連携
  当財団のデートDV予防教育ファシリテーター養成講座の受講生により結成された市民団体「デートDV防止ふくおか(リップルふくおか)」と共同で、国連女性の地位委員会(CSW57)において、デートDV予防啓発活動に関するパラレルイベントを実施

対象分野

男女共同参画、子ども、人権

手法

・デートDV 予防教育ファシリテーター養成講座
・デートDV 予防教室
・DV 防止講演会など

主な対象者

高校生、大学生、専門学生、市民
参加人数 約5,000 人

実施期間

平成21 年度より実施

活動の様子

ファシリテーターのフォローアップ講座 ファシリテーターのフォローアップ講座

ESDの視点

国連大学認定ESDの地域の拠点「北九州ESD」における、「北九州が目指すESD」で規定された、
・多様な教育分野(9項目)の中の「ジェンダー」
・多様な学習テーマ(17項目)の中の「男女の公平」
に合致する事業である。

対象者の変化

デートDV予防教室実施後のアンケートによると、
・お互いに尊重しよい関係を築くことが大切だと分かった
・悩んでいるのは女性だけではないことを知った
・暴力は最悪の手段
・束縛は愛情ではない
・自分もしていたのではないか?と思った
など、受講者にとってデートDVについて考えるきっかけとなったことが判った。

改善点

・学校等との協力体制の確立
・デートDV予防教育ファシリテーターの継続的な育成

その他

団体概要
団体名 公益財団法人アジア女性交流・研究フォーラム
住所 〒803-0814 福岡県北九州市小倉北区大手町11-4
電話番号 093-583-3434
担当者名 企画広報課長 平井良知
e-mail info@kfaw.or.jp
団体URL http://www.kfaw.or.jp
プログラムのURL http://www.kfaw.or.jp/report/cat148/

冊子事例集ダウンロード(PDF)

このページのトップへ戻る