学校とNPO が協働で創るESD~モザンビークとの交流を核にして~

プロジェクトの概要

放置自転車の現状把握 放置自転車の現状把握

1 学校とNPO が協働でカリキュラムを作成する。
2 平和・環境・国際・地域について考える。
3 モザンビーク(途上国)の現状を知る。
4 自分たちにできることを考え、実践する。【実践の具体例:支援・交流・広報など】
5 平和・環境・国際・地域について自分の考えを持ち、今後の学びや活動に発展的・継続的に生かす。

取り組みのねらい・目標

1 常にお互いに学び合う姿勢を持つ。
2 グローカルな視点を養う。
3 さまざまな「つながり感」を育む。
4 個々・団体の「主体性な関わり」を生み出す。
5 必要とされる変革の「創造性・想像力」を鍛える。

達成度

主体的に参加できる人材がどれくらい育成できているかが達成度を表すとしたら、ESDの担い手となったと思われる人材が教員となって活躍するようになったり、あるいは、もともと教員だが、彼らがNPOの活動にも積極的・実践的に関わっているかが重要なポイントになると思います。
モザンビーク事業の展開とESDの接点を持たせたところから端を発し、現在までの広がりを考えると、最初は「ゼロ」からの出発なので、大分育っているように思いますが、達成度をどのように図るかは決めかねています。新聞等の記事掲載数などを捉えて数量で図る方法もあるかも知れませんが、「汗」の部分は数えきれないのが実のところです

参加・連携・協力団体など

新玉小学校、東雲小学校など。教員との出会いが連携に至り、新玉小学校のようにユネスコスクール認定校となるなどの実績がその後の活動の継続を担保したと思います。重視してきたことは、「協働感」です。お互いにより良い、持続可能な社会づくりのために何ができるかを考えながら取り組んできました。
また、松山市職員、他のNPO、企業なども同様に、「お互い様」の関係を築きながら取り組んできました。パートナーシップとネットワークの構築という当団体の活動の柱になっているところの実践が、結果としてより幅広い連携を生んだと思います。

対象分野

平和、武器アート、市民参加、
環境(大量生産・消費・廃棄)、
モザンビーク「銃を鍬へ」

手法

ワークショップ(ハンガーバンケット、バナナペーパーでしおり作りなど)と講演やスカイプ通信などの組み合わせ、フィールドワーク(まち探検、放置自転車の現状調査など)

主な対象者

小・中学生、高校生、一般
参加人数 30 人程度~3 クラス程度まで

実施期間

数時間、複数回、年間、複数年

活動の様子

モザンビークに届いた自転車 モザンビークに届いた自転車

生物多様性の折り紙と平和アートの創作 生物多様性の折り紙と平和アートの創作

egn-logo

ESDの視点

持続可能な社会づくり、武器のない社会、武力・暴力による解決に頼らない社会づくりを行う上で、最貧国でありながらモザンビークの市民が行ってきた平和構築活動や武器をアートに変える活動は、メッセージ性の強いものであり、それをヒントに人権・格差社会・開発・環境など、幅広い視点、つまりESDの視点を学ぶことができると思います。日本では、特に、途上国理解、アフリカ理解が地球一個分の学びに不可欠だと思いますが、その視点を持つことで「持続可能性」や「持続不可能性」を学ぶことができると思います。

対象者の変化

ESDに対する真剣な態度や「関わろう」とする姿勢が生まれ、生活面でも取り入れるようになる、など学んだ方々の「実践」に表れているのではないかと思います。これは、私自身の変化も含めて言えることです。

改善点

もっと、ビジュアルでわかりやすくできたら良い、伝えやすいものになったら良いと考えます。しかし、薄っぺらにならないようにする工夫が不可欠だと思います。

その他

事例として紹介されている冊子等がありますので、参考にして頂けたらと思います。以下のHPをご覧ください。
http://www.clair.or.jp/j/cooperation/docs/24_matsuyama.pdf

また、2013年度は、当団体の取組みについて、個別に分析してESDの普及に役立てようと「ESDノート」という用紙を作成して取り組み始めています。結果はまだまだ先ですが、ESDの事例としてどのような視点でどのように普及していけるのか、ヒントをまとめたいと思っています。

団体概要
団体名 特定非営利活動法人えひめグローバルネットワーク
住所 〒790-0803 愛媛県松山市東雲町5-6
電話番号 089-993-6271
担当者名 竹内よし子
e-mail wakuwaku@egn.or.jp
団体URL http://www.egn.or.jp/
プログラムのURL

冊子事例集ダウンロード(PDF)

このページのトップへ戻る