環境学習を通じた持続可能な社会システムの構築

プロジェクトの概要

図1

西宮市では、1998 年度からLEAF と市が協働で、市民が自主的、継続的、総合的に環境学習に関わることができるよう、小学生へのエコカードの導入など各世代への活動支援のしくみづくりを、地域、企業、教育機関、行政の連携により行っています。

保育士・教員へのESD 研修や個人と地域を環境活動でつなぐための「持続可能な地域づくりサポート基金」設置、地域理解促進のためのHP(人・まち・エコつなげてマップ)の開設等、人・情報・資金・活動を包括的につなぐしくみです。

取り組みのねらい・目標

・いつでも、どこでも、だれでもが参加できる活動のしくみづくり
・多様な主体が関わり合い、学び合える関係性づくり
・地域に学び、地域から社会・世界とつながることができる活動
・個人の取り組みを地域、社会と結び付けるしくみづくり
・社会システムとして機能し続ける活動のしくみ

達成度

参加・連携・協力団体など

対象分野

環境学習都市宣言行動憲章(学び合い、参画・協働、共生、循環、ネットワーク)、つなぐ、システム、社会的責任

手法

エコカード活動、学校園での学習支援、自然・農体験活動、里地里山保全、環境学習施設運営、コミュニティ支援、教員への研修、語り部養成、国際協力

主な対象者

幼・小・中・高・大学生、市民、企業
参加人数 約20 万人(延人数)

実施期間

1998 年より実施

活動の様子

人をとりまく社会の相関図 人をとりまく社会の相関図

ESDの視点

対象者の変化

改善点

その他

団体概要
団体名 特定非営利活動法人こども環境活動支援協会(LEAF)
住所 〒662-0832 兵庫県西宮市甲風園1-8-1 ゆとり生活館「アミ」1F
電話番号 0798-69-1185
担当者名
e-mail kodomo@leaf.or.jp
団体URL http://leaf.or.jp
プログラムのURL

冊子事例集ダウンロード(PDF)

このページのトップへ戻る