2015年1月アーカイブ

第22回ワン・ワールド・フェスティバルにて、シンポジウム「外国につながりのある子どもたちの『居場所』づくり」を実施します。

日本で暮らす外国につながりのある子どもたちの抱える課題とその支援について、大阪、愛知の3つの市民活動の事例から考えたいと思います。

みなさんのご参加をお待ちしています。

外国につながりのある子どもたちの「居場所」づくりチラシ.pdf

 

日時:2015年2月8日(日)15時~17時

 

会場:関テレ扇町スクエア3階 メビック扇町ロビースペース

http://www.mebic.com/access/

 

事例紹介:

・不就学の子どもの日本語教室、出口としての就労支援(豊田市)

(特活)トルシーダ代表 伊藤浄江

・ジャパニーズ・フィリピノ・チルドレン(JFC)を取り巻く問題と支援(東大阪市)

中学校教員 安野勝美

・NPO・地域の連携による放課後学習支援教室「Minamiこども教室」(大阪市)

(特活)関西国際交流団体協議会 松本彩

 

定員:60名(申込不要、先着順)

 

参加費:無料

 

主催:(特活)関西国際交流団体協議会、(一財)アジア・太平洋人権情報センター、NPO法人おおさかこども多文化センター

 

 

ページの先頭へ戻る

特定非営利活動法人 関西国際交流団体協議会

〒540-0026 大阪市中央区内本町1丁目4-12 piaNPO 2F
TEL 06-6944-0406, 06-6944-0407 / FAX 06-6944-0408