ネパール大地震の支援情報の最近のブログ記事

ネパール大地震復興支援イベントの案内

この度のネパール大地震に際し、被害にあわれた方々に

心からお見舞い申し上げます。 

 

当協議会の会員団体やネットワークを通じて集まった被災地や被災者への支援情報につきまして、市民ができる募金情報と、会員団体の支援活動と現地状況報告をお届けいたします。新しい情報が入りましたら、順次更新して参ります。 

 

緊急企画!

6/4 ネパール地震緊急報告

~フェミニスト・ダリット協会のドゥルガ・ソブさんを迎えて

 
 4月25日、ネパールを襲った大地震は死者8,000人以上にのぼる被害をもたらしました。政府の対応が進まないことが伝えられる中、現地ではNGOや市民グループが独自で救援活動を進めています。
 今、被災地で何が求められているのか。災害時にもっとも大きな被害をうけやすい子ども、高齢者、女性など、被災地のマイノリティコミュニティの状況はどうなっているのか。
 震災直後より被災地の村々を訪問しているFEDO(フェミニスト・ダリット協会)代表で反差別国際運動(IMADR)理事のドゥルガ・ソブさ んによる緊急報告集会を開きます。FEDOはネパールで唯一のダリット女性の権利のための運動団体です。全国レベルで活動をしています。
 
日時:2015年6月4日(木)6:30~8:30 PM
 
会場:ヒューライツ大阪(地下鉄『本町』四つ橋線27番出口)
    <参加費無料・逐次通訳あり>
 
報告:ドゥルガ・ソブ   FEDO(フェミニスト・ダリット協会)代表
 
主催:アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)
    反差別国際運動(IMADR)
 
チラシ
 ネパール地震緊急報告(6月4日、大阪)-thumb-350x495-1002.jpg
 
 
問合せ(申込みは不要です):ヒューライツ大阪 06-6543-7003
 メール:webmail@hurights.or.jp

 

 

ネパール大地震被害地への支援情報【募金】(5/22)

この度のネパール大地震に際し、被害にあわれた方々に

心からお見舞い申し上げます。 

 

当協議会の会員団体やネットワークを通じて集まった被災地や被災者への支援情報につきまして、市民ができる募金情報と、会員団体の支援活動と現地状況報告をお届けいたします。新しい情報が入りましたら、順次更新して参ります。

 

●大阪YMCAの募金受付情報です。

http://www.osakaymca.or.jp/contents/bokin-nepal.html 


         4月25日にネパールで発生した地震では、死者は5,000人を超え、生き残った人々も安全な水や食料が不足し、過酷な生活を強いられています。
 カトマンズ近郊にあるネパールYMCAでは、緊急支援と中長期復興支援の両方を計画しています。これを受け、世界YMCA同盟から各国のYMCAへ、緊急支援募金の呼びかけが行われています。ネパール地震緊急支援募金に、ご協力お願いいたします。  

 

◆支援 活動内容(状況によっては、他団体を通じた支援活動を行う可能性があります。)

  

1.ネパールYMCAによる物資の配布等の緊急支援および復興支援

2.日本国内のYMCA日本語学校・専門学校に通う、震災の影響を受けたネパール人留学生の支援

  募金期間 2015年6月30日(火)まで

 

この度のネパール大地震に際し、被害にあわれた方々に

心からお見舞い申し上げます。

 

当協議会の会員団体やネットワークを通じて集まった被災地や被災者への支援情報につきまして、市民ができる募金情報と、会員団体の支援活動と現地状況報告をお届けいたします。新しい情報が入りましたら、順次更新して参ります。

 

●京都市国際交流協会の募金受付情報です。

 http://www.kcif.or.jp/HP/jigyo/saigai/jp/shien/nepal.html

 京都市国際交流協会としては災害時の外国人支援に取り組んでおり、
 京都地域が地震などで被災した場合を想定して避難訓練などを実施
 しております。そのような立場から今回のネパールでの地震でも、
 多くの方々が被災され避難されていることに対し、少しでも現地での
 支援活動に役立ててもらうための募金箱を設置することといたしました。

 

●アジア協会アジア友の会のネパール大地震緊急支援活動です。
 http://jafs.or.jp/emergency-restoration-support/nepal-20150427/

 https://www.facebook.com/JAFS.NGO/posts/828430273876839
 https://www.facebook.com/JAFS.NGO/posts/827648640621669?fref=nf

 アジア協会アジア友の会さんから。4月26日(日)に担当スタッフが現地に
 向かわれたとのこと。
 支援募金活動を多くのNGOが実施しています。今、何か協力したいと
 思われたらぜひ。自分に出来ることを地球の仲間のために。
 募金情報をご覧ください。

 


●セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの支援活動・現地状況です。
 http://www.savechildren.or.jp/lp/childemergencyfund/

 

 セーブ・ザチルドレンは、震災前からネパール国内に400名以上のスタッフが
 活動していたため地震直後に支援を開始しています。

 

○食料や生活必需品の配布
 ネパール国および、海外に備蓄している緊急キットの配布を実施しています。
 (日本からの支援物資の提供は受付しておりません)


 その他、地震直後から防水シート、乳幼児キット(子ども服、毛布など)
 の配布を開始、27日までに316人の子どもたちに支援を届けました。
 今後は、もっとも被害の大きかったカトマンズ盆地周辺のゴルカ郡やシンドゥパル
 チョーク郡でも支援物資の配布を実施していきます。 

 

 

ネパール大地震被害地への支援情報【募金】(5/13)

 この度のネパール大地震に際し、被害にあわれた方々に

心からお見舞い申し上げます。

 

当協議会の会員団体やネットワークを通じて集まった被災地や被災者への支援情報につきまして、市民ができる募金情報をお届けいたします。新しい情報が入りましたら、順次更新して参ります。

 

ネパール大地震被災者への緊急募金を行っている団体
 
●アジア協会アジア友の会 
 http://jafs.or.jp/

●日本国際飢餓対策機構 
 http://www.jifh.org/news/2015/04/post-349.html

●京都市国際交流協会  
 http://www.kcif.or.jp/HP/jigyo/saigai/jp/shien/nepal.html

●セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
 http://www.savechildren.or.jp/lp/childemergencyfund/

●公益財団法人オイスカ 
  http://www.oisca.org/news/?p=7411 

ページの先頭へ戻る

特定非営利活動法人 関西国際交流団体協議会

〒540-0026 大阪市中央区内本町1丁目4-12 piaNPO 2F
TEL 06-6944-0406, 06-6944-0407 / FAX 06-6944-0408