持続可能な社会のつくり方~若者のためのESD実践資料集~

関西国際交流団体協議会は昨年作成した「元気いっぱいESD グッドプラクティス事例集」に続き、今年は今後社会の担い手となる若者に焦点をあてた「持続可能な社会のつくり方~若者のためのESD実践資料集」を作成しました。若い世代の人々がESDを知り、考え、行動する契機となるよう、国内外の事例、NPOと学校の新しい協働プロジェクト、ESDパスポートの実践等を具体的に紹介しています。

ご希望の方には、無料でおわけしています。(送料はご負担いただきます。)事務局までお問い合わせください。

 

 

目次

Ⅰ ESD活動事例~グッドプラクティスからの学び~

 1.菜の花プロジェクト 西淀川高校

 2.学校開き「生徒の自己開示の取組み」 柴島高校

 3.越冬期における野宿者支援・こども夜まわり活動 こどもの里

 4.「難民と一緒に暮らせる街」を目指して! RAFIQ

 

Ⅱ 海外での若者の取り組み

 1.学生のための環境教育セミナー アジア協会アジア友の会

 2.「子どもの森」計画~33の国と地域で取り組む子どもたちの森づくり~ オイスカ

 3.シリア難民青少年支援事業 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

 4.ミャンマーワークキャンプ 大阪YMCA

 5.元こども兵社会復帰支援プロジェクト テラ・ルネッサンス

 
Ⅲ 出会いと学び合い~西成協働プロジェクト~

 本プロジェクトの趣旨

 講座「表現」

 講座「ダンス」

 講座「天文学1」

 講座「哲学」

 講座「天文学2」

 講座「書道」

 西成高校教職員より


Ⅳ ESDとNPO~より進んだ学習のために~

 1.NPOの協働~若者へ向けて~

 2.ファンドレイジングの現状と課題

 3.権利としての子ども参加~子ども・若者の人材育成において大切なこと~

 4.米国における大学院レベルのNPO人材育成プログラムについて

 5.持続可能社会とNPOの人材育成

 6.持続可能社会とNPOのファンドレイジング・協働

 7.国際シンポジウム「グローバル時代のNPOの役割と人材育成」

 8.考えよう「これからのESD」

 9.ワークショップ「ESDの未来を担う高校生」


Ⅴ 関西における「ユネスコ協会ESDパスポート」の取り組み

   ~日本ユネスコ協会連盟と関西国際交流団体協議会・ユネスコスクールの連携事例~

 1.「ユネスコ協会ESDパスポート」とESDの学び

 2.生徒、教員によるボランティア活動報告

 3.教員研修「ED実践による人材育成ー学校と地域の連携を中心としてー」

 4.ワン・ワールド・フェスティバル

     「ユネスコスクール『ESDパスポート』実施発表会&ワークショップ」

 

持続可能な社会のつくり方.jpg

 

2015年3月

編集:「NPOによるESD実践と若者人材育成イニシアティブ」研究委員会

発行:(特活)関西国際交流団体協議会

 

 

 

ページの先頭へ戻る

特定非営利活動法人 関西国際交流団体協議会

〒540-0026 大阪市中央区内本町1丁目4-12 piaNPO 2F
TEL 06-6944-0406, 06-6944-0407 / FAX 06-6944-0408