Minamiこども教室で料理・体験教室を開催しました!

 

7月21日(火)に、料理・体験教室「みんなでつくろうカレーライス!&からだをつかってあらわそう!」を大阪市立南小学校で開催しました。

この料理・体験教室は、大阪市中央区の平成27年度こどもと地域をむすぶ「きずな」活性化事業の委託を受けてのもので、関西国際交流団体協議会が事務局を務めるMinamiこども教室実行委員会が主催し、子どもと保護者、ボランティアなどを含め、約50名が参加しました。

この日のプログラムは、全身を使った表現活動と盆踊り練習、料理教室の3つでした。

 

まずは、NPO法人あったか演劇研究会を講師に迎えての体験活動、「ココロイキイキ!輝く心を育もう」です。

よろこびの気持ちやおどろきの気持ち、ペアになってお互いの良いところを3つずつほめ合うなどの活動に挑戦しました。子どもたちは、とまどい、恥ずかしがりながらも、終始笑顔で活動していました。

 CIMG8569.JPG CIMG8573.JPG

次に、8月16日(日)に参加する「道頓堀盆踊り」の練習です。いっしょに参加するフィリピン人グループ「サウスイーストアジア コミュニティ協会」の代表、石村アニータさんを講師に迎え、指導を受けました。最初に動画を見ていっしょに練習した後、みんなで輪になって踊りました。この日は3種類の踊りに挑戦し、子どもたちは、あっという間に踊りをおぼえてしまったので石村さんも驚いていました。

 CIMG8602.JPG CIMG8608.JPG

盆踊り練習も終わって、そろそろおなかがすいてくる時間となり、料理教室が始まりました。 

メニューはベジタブルカレー、ピクルス、フルーツヨーグルトの3品です。メインのベジタブルカレーは、インド家庭の保護者の方にレシピを教わり、当日はインドのスパイスでルーの味付けをしてくださいます。

最初に、ぜひとも自分でできるようになってほしいお米の量り方・とぎ方を、ボランティアで来てくださった南小学校の給食調理員さんから教わりました。その後、各レシピのグループに分かれて調理を始めました。

フルーツヨーグルト担当の2・3年を主としたグループは、フルーツ缶の缶切りに悪戦苦闘しながらも、楽しそうに取り組んで、一番早く完成させました。

ピクルス担当の4・5年グループは、キャベツやきゅうりなどを、包丁使いがぎこちないながらも一生懸命に切っていき、最後の盛り付けまでよくがんばっていました。 

CIMG8638.JPG CIMG8631.JPG

カレー担当の6年・中学生グループはさすがで、雑談しながら作業をする余裕もあり、ごはんも盛り方や量を考えてよそっていました。 

子どもたちは、調理員さんやボランティアの方のアドバイスを聞きながら、よくがんばっていました。できあがった3品の料理は、残すこともほとんどなく、みんなでおいしくいただきました。 

CIMG8644.JPG CIMG8658.JPG

体験活動の講師の方々、レシピ考案から買い出し、調理指導・児童支援にあたってくださったボランティアの方々、会場を提供してくださった南小学校など、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 

今回の教室開催のねらいは、

・中央区の、子どもを核とした地域の「きずな」活性化

・子どもたち自身が「食」の大切さを知り、親が準備できなくても自分の力で「おいしく、簡単で、栄養バランスのよい」調理実習活動に取り組めるようになる

・自己表現や体操、知恵をしぼって子どもたちの力で創作物を完成させるなど「挑む、楽しむ、できる」中から子どもたちの自尊感情を育むこと

の3点です。

12月にも同様の教室開催を予定しておりますので、地域の「きずな」づくりの一環として、中央区にお住まいの外国にルーツを持つ子どもや保護者のご参加、また地域の方にはボランティアとしてご参加いただければと思います。 

ページの先頭へ戻る

特定非営利活動法人 関西国際交流団体協議会

〒540-0026 大阪市中央区内本町1丁目4-12 piaNPO 2F
TEL 06-6944-0406, 06-6944-0407 / FAX 06-6944-0408