協議会からのお知らせ
協議会からのお知らせ

団体名:特定非営利活動法人関西国際交流団体協議会             2020年10月30日

「こどもプラザ」ニュース No1

1.事業名称  「こどもプラザ」

2.活動概要 

2020年4月以降、コロナウイルス感染拡大に伴い非常事態宣言が発令されたこともあり、こどもプラザの運営も施設閉鎖に追い込まれました。

この困難な状況を打破するため、ZOOMによる「日本語学習」を主体にこどもプラザを再開させ、コロナ禍の難局を乗り越えることが出来ました。

現在は、毎週水曜日17:00~19:00の時間帯に7名のこどもたちが在籍し、日本語の習得に真摯に取り組んでいます。また、母親の「日本語学習」も順調で、現在6名が在籍しています。

3.事業目的

外国にルーツのあるこどもたちが直面している困難な問題、

1)日本語の習得と学校での授業についていけない問題、

2)日本文化に馴染めないこどもたちの居場所づくりの問題、を解決するための施設として「こどもプラザ」を開設し、困難に直面しているこどもたちの支援活動を行っています。

4.今年度の計画目標

1)こどもプラザの年間利用者(小学生を対象に受け入れを行う)

               250人(延べ)※年間50回×5人=250人

2)両親の年間参加者     100人(延べ)※年間50回×2人=100

大阪市教育委員会事務局、東住吉区、生野区等の区役所の担当者、近隣の小学校との情報交換を目的に連携を強。さらに市内の関係する施設とのネットワークの強化  

3)人材ネットワークの構築  目標100人(元教員、学生ボランティア、シニアボランティアの登録人数を確保する。)

4)情報交換

ネットワークの構築 

5)地域の祭り等への参加   町内会の幹部との交流を深め祭り等に参加を促進

6)やさしい日本語の推進   隣接する生野区と連携しNewcomerを受け入れる地域の意識を高める運動を継続する。

7)イベント等への参加    地域社会と連携できるイベントへの参加

5. 2020年4月1日~9月30日までの運営活動スナップ写真

①こどもプラザの日本語習得の支援風景「A」       

②こどもプラザの日本語習得の支援風景「B」


第28回ワン・ワールド・フェスティバル オンラインウィーク 本日12時よりスタートいたします。

「ワン・ワールド・フェスティバル」は、平和、人権、環境、貧困など、地球上で起きている問題が、
日本の私たちの生活と密接に関係していることを市民一人ひとりに啓発する「場」を設け、
課題解決のために、市民自らが立ち上がり行動してもらいたいという思いで1993年から開始し、
今年度で28回を数える、西日本で最も規模の大きな民間主体による国際協力のお祭りです。
新型コロナウィルス感染防止の観点より初めてのオンライン開催を目指して準備を進めておりましたが、
いよいよ2月1日(月)12時よりプレウィークがスタートいたします。
是非ご視聴いただきますようご案内申し上げます。

開催期間  2021年2月1日(月)~2月21日(日)
         プレウィーク 2月1日(月)~2月5日(金)
         メインウィーク2月6日(土)~2月21日(日)

※2/1から2/5のプレウィーク期間からONLINEブース・見どころ説明動画・動画コンテスト・SDGs交流ひろば・
 スポンサーチャンネル・ワンフェスチャンネルは常時視聴できるようになっております
※2/6から2/21のメインウィークは全てのコンテンツが視聴できます。
ONLINEステージ・ONLINEプログラム・ONLINEキッチンは各団体の動画がメインウィーク期間中に2回ずつ、視聴できるようになっています。

特設サイト https://onefes-live.net


ワンフェスのクラウドファンディングですが

遂に100万円無事達成することが出来ました🎊🎊✨✨

これもご支援者様、と何よりここを見て下さった方のご協力があってこそです。この度はありがとうございました!重ねてお礼申し上げます。

自分だけでは決して成しえないプロジェクトでした。

皆様の激励のメッセージを読むうちに思いました

日頃の感謝と日頃の態度を改めて邁進していきます!

ありがとうございました!


令和3年度WAM助成

令和3年度WAM助成
【募集説明動画】はこちらから

〈NPOセンター・社会福祉協議会などのNPO支援団体の皆さまへ〉

●セミナー等において令和3年度WAM助成に係る説明等をご希望の場合は別途ご相談ください。

助成の目的

 社会福祉振興助成事業(WAM助成)は、政策動向や国民ニーズを踏まえ、民間の創意工夫ある活動や地域に密着したきめ細かな活動等に対し助成を行い、高齢者・障害者等が自立した生活を送れるよう、また、子どもたちが健やかに安心して成長できるよう必要な支援を行うことを目的とします。

提出期限

令和3年2月1日(月) PM5:00 まで

助成の対象となる団体

社会福祉の振興に寄与する事業を行う、営利を目的としない次の法人又は団体

  • 社会福祉法人
  • 医療法人
  • 公益法人(公益社団法人又は公益財団法人)
  • NPO法人(特定非営利活動法人)
  • 一般法人(法人税法上の非営利型法人の要件を満たす[助成対象となる事業の実施期間中に移行するものを含む]一般社団法人又は一般財団法人)
    → 法人税法上の非営利型法人は「 国税庁HP」をご覧ください。
  • その他社会福祉の振興に寄与する事業を行う法人・団体は、 次の要件を満たす必要があります。
    ※ 理事を2人以上置いていること
    ※ 役員会など意思決定を行うための組織について、運営規約等に定めていること

外国人がいこくじんのいろいろな分野ぶんや相談そうだん専門家せんもんかこたえます。

対面たいめんまたは電話相談でんわそうだんとなります。

新型しんがたコロナウイルス感染症かんせんしょう状況じょうきょうなどにより、電話でんわのみの対応たいおうとなる場合ばあいがあります。その場合ばあいは、あらためてご連絡れんらくさせていただきます。

匿名とくめい相談そうだん希望きぼうする場合ばあいは、電話でんわのみの対応たいおうとなります。

10言語げんご通訳つうやくボランティアがいます。※相談内容そうだんないようについての秘密ひみつまもります。


このイベントは、NGO/NPO等の団体で構成される実行委員会が主催者として企画運営していますが、多くのボランティアが運営協力として積極的に参加して頂いております。
しかし長年続いてきた本イベントも、新型コロナウイルスの影響で、今年はオンライン開催とすることになりました。我々としても初めての試みです。


https://readyfor.jp/projects/knainterpeople50709


第28回ワンワールドフェスティバル実行員会が16:00より執り行われました。委員長の挨拶に始まり議題は来年のワンフェスのオンライン開催について開催企画書進捗状況の報告を行いました。


WEBボランティスタッフを募集いたします!
私たちと⼀緒にフェスティバルを盛り上げてみませんか?

今年は新型コロナの影響によりご苦労が多いことと思います。

このような中でお願いするのもなんですが
前年のワンフェスでのご協力の感謝と共に
ボランティアのご登録いただいておりますので再度お願いでございます。

是非そのお力をお貸しください!

活動内容

西日本最大規模で行われる国際協力のイベント「ワン・ワールド・フェスティバル」のイベント運営および本部
が運営しているSNSのフォロー&いいねをしてくださる方!

ワンフェスの取り組みを幅広い年代に知っていただけるようにSNSを通じて発信し続けていきます。

↓各SNSのいいね、シェアはこちら↓


Facebook:https://facebook.com/ONEWORLDFESTIVALonefes/


Twitter:https://twitter.com/one_world_festi


Instagram:https://instagram.com/onefes2020/


「阪急阪神 未来のゆめ・まち基金」市民団体助成プログラムの第12回の市民団体を募集します!
1団体あたり50万円、10団体程度への助成を予定しております。
阪急阪神沿線で「地域環境づくり」や「次世代の育成」に取り組む皆様からのご応募をお待ちしております。
※詳しくは下記ダウンロードページより「募集要項」・「助成申請書」をダウンロードしてご覧ください。
※応募期間は2020年9月1日(火)から10月16日(金)(当日消印有効)です。

https://www.hankyu-hanshin.co.jp/yume-machi/kikin.html


<プレウィーク 2021年2月1日(月)~5日(金)>活動紹介動画出展のご案内

1.第28回ワン・ワールド・フェスティバル オンラインウィークの概要

【名称】             第28回ワン・ワールド・フェスティバル オンラインウィーク

【テーマ】          共に生きる世界をつくるために、一人ひとりができること~誰ひとりとり残さない社会の実現のために~

【目的】           日本の国際協力活動を活発化し、より充実した活動を展開していくためには、NGO/NPOやODA実施機関、国際機関、地方自治体、企業、教育機関などとの連携・協働が重要であり、NGO/NPO自身も組織基盤を強化し、専門性を高めることが求められています。また、国際協力活動の裾野を広げるためには、開発途上国の状況とそれを生み出す原因を理解し、解決するために何ができるかを考える教育(開発教育、地球市民教育等)の促進が重要です。さらに、市民一人ひとりがさまざまなかたちで活動に参加や、行動するためには、情報の提供やボランティア環境の整備、ネットワーク化が求められています。本フェスティバルを通して、SDGsの理念を共有すべく、多くの人々がさまざまな団体・機関と出会い、情報と出会い、人と出会って、今後につなげるための「きっかけ」「場(機会)」になることを目的に行ってまいりました。

          本年、新型コロナウィルス感染症拡大により海外渡航が制限され、国境の壁が高くなってきました。今までの暮らし方も一変し、ウィズコロナの生活が続いてまいります。しかし、国際協力の大切さと、世界の人々と共に生きるというグローバルマインドと希望の灯を消すことなく、このフェスティバルを継続開催するためにも、今回オンラインウィークとして開催してまいります。

【開催日】    2021年2月1日(月)~2月21日(日)

  <プレウィーク    2021年2月1日(月)~5日(金)>

【開催場所】   ワンワールドフェスティバル公式HP

【主催】             ワン・ワールド・フェスティバル実行委員会

<構成団体>   (独)国際協力機構 関西センター、(独)国際交流基金関西国際センター   (公社)アジア協会アジア友の会、(公社)アムネスティ・インターナショナル日本・関西連合会 (公財)オイスカ 関西支部、(一社)大阪青年会議所、(一社)南太平洋協会(認活)大阪NPOセンター、(特活)AWPS学生スタッフチーム、(特活)関西国際交流団体協議会   

                        (以上、10団体)9月現在

【共催予定】   (一財)大阪市コミュニティ協会北区支部協議会  

【協力予定】   関西テレビ放送㈱

【協賛予定】     国際機関、企業、民間団体、労働組合など

【後援予定】     外務省、総務省、文部科学省、経済産業省、環境省、大阪府、大阪市、堺市、教育委員会、PTA協

議会、経済団体など

【参加団体】    NGO/NPO、ODA実施機関、国際機関、地方自治体、企業、教育機関など

【来場対象者】  一般参加者

【入場料】     無料

【事務局】               特定非営利活動法人関西国際交流団体協議会(KNA) 杭全分室

〒546-0002 大阪市東住吉区杭全1丁目15番18号 大西ビル3F 

TEL:06-6777-1039 Fax:06-6777-2050(電話での問合せ 平日9:00~17:00)

Email: onefes.contact-post@onefes.net

2.活動紹介動画出展

NPOやNGO、国際機関、教育機関、企業等の活動を動画紹介する出展者を募集します。SDGsの理念に沿った日頃の活動やその成果等を広く来場者にアピールする場として、ふるってご参加ください。

■出展動画内容の例

 ・団体の活動内容、年間報告

・ニュースレターや報告書、啓発資料等の掲示

 ・フェアトレード物品等の販売紹介など

出展料 

すべて、ウィーク期間中で動画配信の金額です。やむを得ない事情で、途中中止となった場合でも同一料金です。

その他の詳細は動画制作セミナーにてご説明いたします。(セミナー欠席の場合でも同金額です)

【活動紹介動画出展】動画出展料8,000円(動画制作セミナー受講料含む)

(金額は税込みです)

国際交流・協力活動に関わる公益活動を行っている団体に動画出展を頂いておりますので、業者による販売案内はお断りさせていただいております。(動画内容については、実行委員会にて内容確認し、不適切と思われる内容については配信をお断りさせていただきます。)

動画作成:You Tube  2分以上~3分以内

詳細は


ページの先頭へ戻る

特定非営利活動法人 関西国際交流団体協議会

<杭全分室>
〒546-0002 大阪市東住吉区杭全1-15-18 大西ビル 3F
TEL 06-6777-1039 / FAX 06-6777-2050