協議会からのお知らせ
  • トップページ
  • >
  • 協議会からのお知らせ

  • こどもプラザのアーカイブ
協議会からのお知らせ

こどもプラザのボランティアにお手伝いとご応募頂きました皆様

平素はこどもプラザにご協力、ご尽力頂きありがとうございます。

こちらのHPをご覧頂きボランティアのお申し出を頂いておりますが

新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言の期間、
こどもプラザのボランティア等の外部受入は
一旦中止とさせて頂いております。

🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱

大阪の新規感染者数が減少し、
逼迫した医療体制が少しでも改善され、医療従事者の方が休息できますよう
心からお祈りしております。


関西国際交流団体協議会(以下 関団協)では
緊急事態宣言下でのこどもプラザの活動は
全て対面型の授業からZOOMでの授業に切り替え、授業を行っております。
参加して下さっているボランティアの皆さまと

外国にルーツを持つこどもたちとそのご家族
日本国内からと中国に帰省しているお子様と
ZOOMでつないでオンラインで
ストレッチや遊びの時間

日本語での音読を含め
約1時間の間で時間を区切り
すすめていきます。

授業前にはボランティアと事務局の連絡事項の確認
授業後には事後ミーティングを行い
お互いの認識不足がないように
最善の配慮をもって今後につなげていきます。

参加されていらっしゃるお子様は
とてもしっかりされていて
親御さんも教育熱心な方が多いと思いました。

幸いこどもプラザには中国で駐在経験がある方がいらっしゃいますので言葉の問題はその方を通じてクリアできるのも嬉しいところです。
親御さんの態度、家庭内の躾、各家庭の気持ち、私の方でも見習わないといけないと思うところ
色々感じるところがありました。
学びの場となるようにサポートもしながら
一緒に頑張っていきたいなと思います。


※画像は事前ミーティングの様子です。


こどもプラザでは4月7日(水曜日)17:00~ 新年度の授業が開講しました。

こどもプラザ(外国にルーツをもつこどものための教室)で学校の宿題をしたり、みんなで遊んだり

通う学校はバラバラですが、ここで知り合ったこどもたちと賑やかに遊んだり学んだりしています。

——————————————————-

友達ともだちやボランティアといっしょに勉強べんきょうをしましょう。

学校がっこう宿題しゅくだい日本語にほんご勉強べんきょうをします。

日時にちじ

毎週水曜日すいようび 17:00~19:00 

費用ひよう

無料むりょう

場所ばしょ

こどもプラザ   〒5460002  大阪市東住吉区杭全おおさかしひがしすみよしくくまた1-15-18 大西ビル 3階おおにしびる さんがい

でんわ 06-6777-1039


外国がいこくにルーツをつこどもたちの日本語教室にほんごきょうしつ「こどもプラザ」を運営うんえいする団体だんたいです。

友達ともだちやボランティアといっしょに勉強べんきょうをしましょう。

学校がっこう宿題しゅくだい日本語にほんご勉強べんきょうをします。

日時にちじ

毎週水曜日すいようび 17:00~19:00 

費用ひよう

無料むりょう

場所ばしょ

こどもプラザ   〒5460002  大阪市東住吉区杭全おおさかしひがしすみよしくくまた1-15-18 大西ビル 3階おおにしびる さんがい

でんわ 📞06-6777-1039


団体名:特定非営利活動法人関西国際交流団体協議会       2021年2月25日

「こどもプラザ」運営概況ニュースNo3

1.事業名称  「こどもプラザ」

2.運営スナップ

こどもプラザは、通常毎週水曜日17:00~19:00の時間帯に運営されますが、1月8日(金)の非常事態宣言の発出を受け、その後ZOOMでの開催となりました。昨年の4月からの非常事態宣言に次いで2回目のZOOM開催となります。

 対面での日本語習得に比べてZOOMには壁があるように感じていましたが、意外と距離感が縮まっていることに違和感を抱いているのは大人だけでしょうか?

 ZOOMだと、自宅ということもあり、こどもたちは大変リラックスしています。パジャマ? で参加しているこどももいます。教室では見せない愛くるしい笑顔を見せてくれます。

解らない場合は、素直に「わからない」と説明を求めてきます。

ZOOMでもコミュニケーションが取れることをこどもたちは実感しています。毎週ともだちと会えることが待ち遠しいこと、こどもたちが「こどもプラザのZOOM」を楽しみにしていること等が理解でき、ボランティアの先生方もこどもたちからいっぱい元気をもらいます。

ZOOMに感謝!

3.事業目的

  外国にルーツのあるこどもたちが直面している困難な問題、1)日本語の習得と学校での授業についていけない問題、2)日本文化に馴染めないこどもたちの居場所づくりの問題、

  また、保護者の日本語の習得をサポートする施設として「こどもプラザ」を開設し、困難に直面しているこどもたち及び保護者のプラットホームとして支援活動を行っています。

4. 2021年1月6日~2月24日までのZOOMでの開催風景

先生の話に集中しています。       クイズ解こうと一生懸命考えている風景


団体名:特定非営利活動法人関西国際交流団体協議会             2020年12月23日

「こどもプラザ」ニュース No2

1.事業名称  「こどもプラザ」

2.運営概要 

こどもプラザは、毎週水曜日17:00~19:00の時間帯に運営されています。

現在は、外国にルーツのあるこどもたち8名が在籍し、日本語の習得に励んでいます。また、保護者8名も「日本語学」の習得に熱心に取り組んでいます。こどもたちは勉強の傍ら、10月にはハロウィンの行事を、年末にはクリスマスツリーをこどもたちが手作りで飾るという、季節に応じた行事も楽しむことが出来ました。

3.事業目的

外国にルーツのあるこどもたちが直面している困難な問題、1)日本語の習得と学校での授業についていけない問題、2)日本文化に馴染めないこどもたちの居場所づくりの問題、

また、保護者の日本語の習得をサポートする施設として「こどもプラザ」を開設し、困難に直面しているこどもたち及び保護者のプラットホームとして支援活動を行っています。

4. 2020年10月1日~12月23日までの運営活動スナップ写真

  こどもプラザの風景  
ハロウィンの折り紙づくり
クリスマスツリーを飾り終え、ボランティアの先生とこどもたちとの記念写真

団体名:特定非営利活動法人関西国際交流団体協議会             2020年10月30日

「こどもプラザ」ニュース No1

1.事業名称  「こどもプラザ」

2.活動概要 

2020年4月以降、コロナウイルス感染拡大に伴い非常事態宣言が発令されたこともあり、こどもプラザの運営も施設閉鎖に追い込まれました。

この困難な状況を打破するため、ZOOMによる「日本語学習」を主体にこどもプラザを再開させ、コロナ禍の難局を乗り越えることが出来ました。

現在は、毎週水曜日17:00~19:00の時間帯に7名のこどもたちが在籍し、日本語の習得に真摯に取り組んでいます。また、母親の「日本語学習」も順調で、現在6名が在籍しています。

3.事業目的

外国にルーツのあるこどもたちが直面している困難な問題、

1)日本語の習得と学校での授業についていけない問題、

2)日本文化に馴染めないこどもたちの居場所づくりの問題、を解決するための施設として「こどもプラザ」を開設し、困難に直面しているこどもたちの支援活動を行っています。

4.今年度の計画目標

1)こどもプラザの年間利用者(小学生を対象に受け入れを行う)

               250人(延べ)※年間50回×5人=250人

2)両親の年間参加者     100人(延べ)※年間50回×2人=100

大阪市教育委員会事務局、東住吉区、生野区等の区役所の担当者、近隣の小学校との情報交換を目的に連携を強。さらに市内の関係する施設とのネットワークの強化  

3)人材ネットワークの構築  目標100人(元教員、学生ボランティア、シニアボランティアの登録人数を確保する。)

4)情報交換

ネットワークの構築 

5)地域の祭り等への参加   町内会の幹部との交流を深め祭り等に参加を促進

6)やさしい日本語の推進   隣接する生野区と連携しNewcomerを受け入れる地域の意識を高める運動を継続する。

7)イベント等への参加    地域社会と連携できるイベントへの参加

5. 2020年4月1日~9月30日までの運営活動スナップ写真

①こどもプラザの日本語習得の支援風景「A」       

②こどもプラザの日本語習得の支援風景「B」


こどもプラザのボランティアの日本語指導ボランティアの募集です。

「こどもプラザ」はNPO法人関西国際交流団体協議会が運営する、
海外にルーツを持つ
子どもと若者のための、日本語学習支援事業の名称です。

日本語がわからない子ども、そのこどもの両親
が日本語ボランティアによる支援を受けることのできる
機会を多くし

全国的に不足する日本語を母語としない子どもたちの
支援機会拡大に向け大阪東住吉から発信しています。

ここ大阪でも海外の方と接する機会が増えつつあります。
日本の文化と海外の文化が触れ合うことで
多種多様な考え方ができ、視野も広まります。

外国にルーツを持つお子様の保護者様の日本語指導ボランティア

その基礎となる日本語をネイティブの立場で教えて下さる方を探しています。

さしつかえなけえば私たちにぜひそのお力を貸して下さい! 

お問い合せ

  

特定非営利活動法人 関西国際交流団体協議会

<杭全分室>
〒546-0002 大阪市東住吉区杭全1-15-18 大西ビル 3F
TEL 06-6777-1039 / FAX 06-6777-2050

📧 kna@interpeople.or.jp

↓↓↓↓↓


待ちに待った七夕イベント!!

3時半から今後のことについての打ち合わせetc

16:30からの授業に向けて気合充分

その前に新しいボランティアさんの紹介

遊び時間までの間
学校の宿題など
各自で勉強に勤しみます。

そろそろ飽きてきた頃…。

待ちに待った遊びの時間です!

最初に工作前の注意事項
ノリの使い方
いちばん大事なのが!

ハサミの使い方です。


持つとき、相手に渡す時
輪になった方を上に持つこと。
説明が終わったらいよいよ・・・・。

七夕の飾りつけは
各テーブルによって作る形が違います

こどもたちは自分の好きな作りたい飾りを
選んで着席

ボランティアさんの飾りの作り方を
説明を聞き、早速作っていきます。

時間はあっという間
終わりの時間を少し過ぎるぐらいでした。

買ってきた笹はお持ち帰り

おうちで笹に自分の飾りをつけて下さいね

こどもプラザでは季節に合わせて
このようなイベントを開催しています。
興味を持たれた方はぜひ一度見学にお越しください。


次週6月24日からのこどもプラザは対面での授業となります。


活動再開に向けての感染症対策につきまして

感染症対策

①来室時の消毒とマスク着用を徹底
②会議時は距離をあけて座る
③体調が悪い場合は、お休みしていただく
④こどもの机の配置を工夫し、指導時は対面でなく横並び
⑤共有物の使用前後は除菌シートで消毒
事務局側でも消毒用アルコールや除菌シート、予備のマスクなどは配備済です。
使用する場所は掃除・消毒をこまめに、換気をしてお迎えしようと考えております。


手洗い、マスクをしていただき、感染症対策の方針をお受け入れ頂けるのであれば見学も随時していただけます。(※事前に電話でお申し込み下さい。)

対象

小学生

内容

日本語を使ったことばあそびなど。けん玉やげーム、学校の宿題など

日時

毎週まいしゅう水曜日すいようび 17:00~19:00 (ボランティアは16:30~19:30)
(祝日しゅくじつはるなつ冬休ふゆやすみなどは変更へんこうになる場合ばあいがありますので電話でんわ確認かくにんしてください。)

場所

特定非営利活動法人 関西国際交流団体協議会<杭全分室>


〒546-0002 大阪市東住吉区杭全1-15-18 大西ビル 3F
TEL 06-6777-1039 / FAX 06-6777-2050

費用

無料(むりょう)


アーカイブ

ページの先頭へ戻る

特定非営利活動法人 関西国際交流団体協議会

<杭全分室>
〒546-0002 大阪市東住吉区杭全1-15-18 大西ビル 3F
TEL 06-6777-1039 / FAX 06-6777-2050